メニューMENU

プラセンタの成分

◆プラセンタ「胎盤」に含まれる豊富な成分

人ひとりのからだをつくり上げる役割を担うプラセンタには、生きていくために必要なほぼすべての栄養素が備わっています。3大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質はもちろん、各種ビタミン、ミネラル、酵素、核酸などの生理活性成分が豊富に存在します。

アミノ酸 生命の源。いろいろな生理機能をもつ。
たんぱく質 人の身体をつくる栄養素。
糖 質 エネルギー源になったり、細胞構造を維持する。
ビタミン 生理機能を調節し代謝をスムーズにする。
核 酸 遺伝子の修復。新陳代謝の調整。
活性ペプチド 医薬品的な効能を発揮するプラセンタの中心成分。
脂質・脂肪酸 細胞を作る重要な材料の1つ。
ムコ多糖体 細胞間をつなぐ成分で、炎症をおさえる働きなどがある。
ミネラル 血液・体液の調整など、さまざまな働きなどがある。
酵 素 生体内の化学反応を助ける。

このように豊富な栄養成分を含んだプラセンタは、お母様のおなかの中で、赤ちゃんの成長に必要なさまざまな生理機能を支えています。